お葬式で喪主のすべき役割

お葬式の喪主をするとなった時に、まず考えなければいけないのは誰が喪主をするのかという事です。喪主をする人には優先順位があり、それに合わせて誰が喪主をするのかを考えなくてはいけません。基本的には配偶者が喪主を務める事になりますが、もし配偶者がいない場合は長男、それ以降直系の男子、長女、直系の女子、故人の両親、故人の兄弟姉妹といった順番で選ぶことになります。配偶者以外では、故人との関係が深い人が優先的に喪主を務めると覚えておくと良いでしょう。また、これに該当する方がいないという場合は親族の誰かが行う事になり、その場合は普段親交があるかどうかに関係なく喪主をする事になります。

喪主になった場合は、喪主としてすべき事を知っておきましょう。喪主がすべき役割はお葬式全体の監督やお葬式におけるさまざまな場面での挨拶、読経してもらうお坊さんなどの手配が必要となる寺院への連絡、お葬式のサポートを依頼する専門業者への連絡などです。特に専門業者選びなどはとても重要で、スムーズなお葬式ができるかどうかは専門業者選びが大きく関係します。喪主の挨拶はさまざまな場面で必要とされますが、どういった挨拶をすればいいのか分からないという場合、インターネットなどで挨拶の事例を探す事ができるので、これらを参考に挨拶を考えるようにすると良いでしょう。

喪主はお葬式をする場合には必ず必要となりますが、誰がそれをやるのか、そして喪主の役割がどういったものなのかを知らないと、スムーズなお葬式を行う事は難しいでしょう。喪主はお葬式では非常に重要な役割を持ち、やる事も多いですから、喪主になってから慌てて覚えようとしても難しいため、事前に何をするのかをある程度把握しておく事が重要になります。