お葬式の形式にはどんなものがあるのか

お葬式をする前にしておきたいのが、お葬式の形式を知るという事です。ほとんどの場合は一般的な形式で行われますが、近年では違った形式を選ぶ方も増えてきているので、より故人や遺族の希望に添ったお葬式を行いたいという時には、まず最初にどんな形式があるのかを知っておいた方が便利です。お葬式の形式はいくつかあり、例えば親族や故人と親しい人だけで行う家族葬、通夜や告別式を行わず火葬だけを済ませる直葬、親族だけで通夜と告別式を行い、後から参列者を招いて本葬を行うという形式の密葬などがあります。

この中でも特に家族葬は近年行う方が増えてきており、その特徴を知っておくと喪主としてどんな形式にするかを考える時にも便利です。家族葬の特徴は、何といっても親族や個人と親しい人だけという身内だけのお葬式であるという点で、費用も通常の形式に比べて低く抑える事ができます。また身内だけでお葬式を行いますから、一般の形式ではできないようなアットホームな雰囲気で行う事ができるでしょう。一般の形式ではどうしても参列者の事を考えて堅苦しい雰囲気になりがちですが、身内だけならば例えば故人が明るい雰囲気で見送って欲しいという場合に、希望に添ったお葬式を行いやすくなるので、この形式がおすすめです。

お葬式にかかる費用を抑えたいという場合は直葬が相応しくなります。通夜や告別式を行わないので式場や食事など、お葬式で最も費用がかかる要因がありませんから、非常に低い費用でお葬式を行う事が可能となります。ただ、直葬の場合は親族だけで行う事になるので、故人と親しい人や会社関係者など弔問に訪れてくれた方に対する対応などをしなくてはいけないので、注意が必要です。