参列者のお葬式の服装

お葬式に参列する時には、特に服装に気を付けなくてはいけません。当然ですが参列する場合は喪服を着なくてはならず、ダークスーツなどでは参列しないように気を付けましょう。ただ、急な通夜に駆け付けなくてはならないという場合は、ダークスーツでも良いとされています。しかし告別式はきちんと喪服でなくてはいけないので、特に社会人の方はいざという時すぐ用意できるよう喪服を一着は用意しておいた方が良いでしょう。もしすぐ用意できないという場合は、葬祭場で喪服をレンタルできる場合もありますから、確認をしておいて当日にレンタルを利用するという方法も考えておくと安心です。

また、女性の場合はアクセサリーにも気を付けなくてはいけません。お葬式であまり派手なアクセサリーを付けるのは不作法になりますから、あまり派手すぎないアクセサリーを付けましょう。付ける場合は涙を連想させる白いパールが良いとされ、イヤリングなども一重の物を選ぶようにしなくてはいけません。二重になっているイヤリングなどは、不幸が重なるという事を連想させてしまうため、お葬式に付けていく事は厳禁です。以前は女性の喪服は着物でないといけないと言われていましたが、近年ではスーツでも問題なくなってきていますので、着物を持っていないという方でも問題はありません。

お葬式の服装はとても重要で、参列する場合には相応しい服装を選ばなくてはいけません。特に社会人となると人付き合いも増え、会社関係者のお葬式に参列しなくてはいけない場合も増えてきますので、喪服は必ず用意しておいた方が良いでしょう。レンタルできる場合もありますが確実ではないので、自分で用意しておいた方が無難です。